日本リウマチの外科学会

日本リウマチの外科学会

MENU OPEN

「関節の外科」投稿規定

原稿の募集,採否

1. 日本リウマチの外科学会の発表論文および自由投稿論文を募集します.
2. 主著者および共著者は原則として本学会の会員であることを要します.
3. 本文(文献を含む),図,表をあわせて400字詰原稿用紙20枚以内とします.
  図,表も1点を1枚とします.(組写真も各々1枚とします.)

4. 原稿の採否は編集委員会で決定します.採用原稿についても編集委員会加筆,訂正を求めることがあります.

執筆の要領

1. 原稿には英文タイトル,著者のローマ字綴り,英文所属,キーワード(英文と日本語で各5つ以内)を付して下さい.

2. 原稿は横書きで新かなづかいを用い,用語は現在慣用のもの,数字は算用数字を用いて下さい.日本語化した外国語は片仮名で,外国綴りはなるべくタイプを使用して下さい.

3. 単位,符号はCGS単位とし,m,cm,mm,cc,l,ml,kg,g,mg等を用いて下さい.

4. 写真,図,表等はすべて別紙にして,本文中に挿入箇所を指定して下さい.
写真は電子媒体あるいは紙焼きで,図はそのまま製版できるように鮮明なものを添付して下
さい.
(トレースが必要なものはトレースを致しますが実費を戴きます.)

5. 引用文献は本文の引用箇所に文献番号を記入し,文末にアルファベット順に記載して下さい.記載の仕方は次のようにして下さい.

1)Groeneveld, HB: Neue Möglichkeiten der Behandlung der Femoro-patellaren Arthorose. Z Orthop 111: 527-529, 1973.

2)Hughston, JC, et al: Chronic posterolateral rotatory instability of the knee. J Bone Joint Surg 67-A: 351 – 359, 1985.

3)大橋一郎:人工膝関節置換術について.日整会誌38:65-69,1980.

4)Ziff M, et al: Laboratory findings in rheumatoid arthritis. Arthritis and Allied Conditions, pp 236-253, Lea & Febiger, Philadelphia, 1966.
(表題必要,著者4名以上のときは筆頭者のみで,共著者を「et al. 」または「ほか」と記す.日本人は名前も必要.単行本の場合,上記4)に準ずる.なお整形外科MOOKは雑誌扱いとする.)

校正,別冊,掲載料など

1. 著者校正は原則として1回といたします.校正時の大幅の加筆,訂正はご遠慮下さい.
2. 別冊は30部までは無料とし,それ以上は50部単位で有料となります.

3. 掲載料は,組上り5頁まで無料とし,これを超える頁は1頁につき10,000円を戴きます.
図,写真の製版代は8点(枚)まで無料,これを超えるものやカラー写真は実費を戴きます.

原稿送付先

1. 〒232-0024 横浜市南区浦舟町4丁目57番地
  横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター内
  日本リウマチの外科学会事務局
  TEL:045-261-5656 (内線2035),FAX:045-262-1718
  E-mail:ra-surg@yokohama-cu.ac.jp

2. 本原稿のほかにコピー1部(ただし写真類はそのオリジナルを2部),CDを添えて簡易書留
にてお送り下さい.

3.校正送付先,掲載料請求先を明記して下さい.


Copyright © 日本リウマチの外科学会 All Rights Reserved.