日本リウマチの外科学会

日本リウマチの外科学会

MENU OPEN

ご挨拶

持田会長


 私は会員の皆様の御協力のもと、2018年より日本リウマチの外科学会の代表理事を務めております、横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ膠原病センターの持田勇一です。
 日本リウマチの外科学会は1972年に「関東リウマチ談話会」として発足し、「関東リウマチの外科懇話会」を経て、1974年に「東日本リウマチの外科研究会」、1995年に「リウマチの外科研究会」と名称変更を行い、さらに2017年に「日本リウマチの外科学会」へと改称して現在に至っております。本年秋には第49回の学術集会が予定されており、来年には活動期間が半世紀を超える長い歴史と伝統がある会で、関節リウマチの外科的治療を目指す医師の教育と学術成果の報告の場を提供してまいりました。現在は外科系では“リウマチ”の名称が学会名に入る、国内唯一の学会組織であります。
 歴史的に日本の関節リウマチ治療は薬物療法のみならず、手術療法、リハビリテーション、生活指導4本柱がそれぞれ高いレベルを目指しながら発展してきました。現在は近年の薬物治療の長足の進歩により、手術が必要な例は減少しつつありますが、手術療法の重要性には変化がないと考えています。整形外科医が携わる関節リウマチの外科治療は薬物治療になじみの薄い、若い世代の先生方にとっては経験に乏しく、難しいものと感じるかもしれません。しかし“患者さんに触れて”疾患を評価し、多彩な臨床像に対して詳細な術前評価を行い、また手術治療では手術手技のみならず周術期合併症等への対応も行い、術後には社会活動への復帰やQOL向上も考えるような、人の人生の一部に関与出来るような素晴らしい仕事だと考えています。
 現状では様々な問題も山積しておりますが、一昨年には事務局の移転も行い軌道に乗りつつあります。今後充実した学会活動にすべく、会員の皆様の力をお借りして透明性を保ちながら、存在意義を踏まえて社会に情報発信を果たしていくことが求められます。関節リウマチの外科治療はニッチ(niche)な分野ではありますが、“リウマチ”をキーワードとした整形外科医の集まりが世界中で少なくなりつつある今、逆に当学会員が一つにまとまって情報発信を進めていけば、研究・診療の分野において世界をリードすることも可能と考えています。
 今後も皆様のお力を是非お貸しください!

 

日本リウマチの外科学会
代表理事 持田勇一

 

Copyright © 日本リウマチの外科学会 All Rights Reserved.